オーストリッチ バック 修復 オーストリッチ バック 修復 オーストリッチ バック 修復 オーストリッチ バック 修復
オーストリッチのバック修復です。
かなり染色が退色しています。
底の色が元色に近い状態でしたので、全体的に底色に合わせました。

持ち手はかなり重症で、真っ黒になっています。
下の画像は、片方だけ汚れを排除したものです。

汚れの下はかなり傷みと退色が進んでいます。
また、染み抜きによる脱脂・退色もおこりますのでインキング修復しました。

オーストリッチバックの修復・染み抜きは、お任せください。