大変申し訳ありません。
只今依頼が集中しておりまして仕上がり予定が大変遅れております。
大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
お預かり業務は一時ストップさせて頂いております。
お急ぎでない方は一度お預かりさせていただいた上で少しずつ対応させていただいておりますが
納期についてはお約束できない状態になっておりますのでその点ご理解いただければ幸いです。
2ヶ月~3ヶ月を目途に作業しておりますが、さらにお待ちいただくこともございます。
ご迷惑おかけしまして申し訳ありません。


革椅子カバーの染め直しです。

長年お使いになった椅子カバー、かなり色が薄くなっています。

後ろの部分は、格子状に椅子の背もたれがあった為、かなり色が違いますね。

また、座面の部分は、ペットがオシッコをしてしまったらしく尿の臭いがします。

中のスポンジまで浸透して、革は大分固くなっていました。

カバーの場合、縮みが激しいとシートに入らなくなる危険性もあります、染めの場合ある程度の温度や長時間の作業などで作業リスクを伴います。

どこまで出来るかわかりませんが、可能な限り修復して見ます、と、お預かりしました。


まずは、キレイに全体をクリーニング!!

座面部分は念入りに内面からもきれいにします。

正直、ソファーの場合、顔料で塗るだけでも良いのですが、ベースを隠蔽するほど塗り込めばそれなりの変化が出ますので元色をなるべく均一にしてから顔料補正した方がキレイになると思っております。

今回は、水洗いの段階である程度耐久性のある革であることは確認できましたので、可能な限り「染め」で対応して仕上げに顔料補正しています。

全体染めです。

染め液と定着液+可脂液を作りまして。少しづつ染めていきます。

1回目

3回目

6回目

仕上がり


 

8回くらい染めました。

部分的にムラになった所は顔料で補っております。

中々色が入らずかなり苦戦しました。

画像見るとわかると思いますが、朝・夜問わず常に作業して何とか染まりました。

終わったときには、手が緑で染まっていて、かなり血色の悪い河童の手みたいになってました(笑)。

手がキレイになるまで1週間以上かかりました(笑)。

正直、手間がかかりすぎて利益が出てません、全くの赤字…

最初にお見積もりして上限を決めてしまったのですが、思いのほか大変でえらい目に会いました。

途中で止めるわけにもいきませんしね。


良い勉強になりました。

キレイに染められました。

何とかおさめられて良かったです。

染めもやってますので、革椅子カバーの染め直しは、バッグ・レザー(皮革)の修復工房 革作Reにお任せ下さい。