20110611_1891633 20110611_1891634

ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE & GABBANA)バッグの持ち手の塗装剥がれ修復です。

皮革の淵(コバ)は切り口の処理は大きく分けて3種類あります。

・ヘリ返し(ヘリ部分を薄く漉き、折り込んで糊付けする)
・コバ磨き(切りっぱなしのへりを磨いて綺麗に整える)
・コバコート(切りっぱなしのへりに塗装をして仕上げる)

今回のD&Gの様にファッションブランドの物は塗装仕上げが多いように思います。

剥げてしまいますと肉面が露出して綺麗でないですし、汚れも付きやすくなりますし、そこから皮革が荒れてきますので、早めの修理・修復をおすすめします。
一度剥がれてしまいますと、表面が荒れてきますので薬品・ヤスリ・磨きなどで整えて剥がれにくいよう加工してから再塗装いたします。
何度か塗り→削りを繰り返しながら綺麗な断面に仕上げます。
これでまた使えますね。
ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE & GABBANA)バッグの持ち手の塗装剥がれ修復・修理はお任せ下さい。
5000円~