大変申し訳ありません。
只今依頼が集中しておりまして仕上がり予定が大変遅れております。
大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
お預かり業務は一時ストップさせて頂いております。
お急ぎでない方は一度お預かりさせていただいた上で少しずつ対応させていただいておりますが
納期についてはお約束できない状態になっておりますのでその点ご理解いただければ幸いです。
2ヶ月~3ヶ月を目途に作業しておりますが、さらにお待ちいただくこともございます。
ご迷惑おかけしまして申し訳ありません。

LOUIS VUITTON ルイヴィトン ヴェルニ 染め替え

LOUIS VUITTON ルイヴィトン ヴェルニ 染め替えです。

LOUIS VUITTON ルイヴィトン ヴェルニ 染め替え1 LOUIS VUITTON ルイヴィトン ヴェルニ 染め替え2

 

ルイヴィトン ヴェルニ。
エナメルレザー、パテントレザーのバッグです。
アヴァロンのブロンコライユですかね?。
ヴェルニという名前はフランス語で「エナメル」を意味するらしいですね。
ナメル加工が施されたカーフスキンに、モノグラムを型押しをしたエンボス素材は、独特の光沢感がありヴェルニの特長ですね。

エナメル加工の革は、劣化してくると変色する物が多いようです。
このお品物も黄ばんで来てますね。
また、長期間色物と隣合わせとかで保管されていると周りの色を吸ってしまう?ようです。
底の方が黒く色移りしていますね。

エナメル加工の変色や色移りはある意味素材的な特性…、宿命といってもいいかも知れません。
汚れの付きにくい素材ですが、一度付いてしまった汚れはエナメル事態を変色させてしまいますから修復は不可能かと思います。

対処方法としては、
①上から上塗りして汚れを隠す。
②エナメル自体を剥がして、再度エナメル加工をする。
③エナメル事態に色を吸わせて染めて汚れを目立たなくする。
といったところでしょうか?

①は上から隠蔽する形になりますが、上塗りですから剥がれやすいです。
また、とてもシビアな加工になりますので、艶感や質感にだいぶ変化がおきる場合が多いかと思います。
②は薄手のエナメル品などでは可能な場合もありますが、ベルニのような厚手の加工では難しいかと思います。
また、型押しエンボスも損傷してしまいますから素材感も別物になりますし現実的ではありませんね。
③今回の加工方法です。
エナメルの色を吸う性質を利用して染料を入れていきます。
他の色の加工も試しましたが色が綺麗に入らずムラ感が目立つ感じになってしまいます。
黒でもムラ感は出ますが丹念に色を重ねる事で他の色よりは良いかとおもいます。

LOUIS VUITTON ルイヴィトン ヴェルニ 染め替え3 LOUIS VUITTON ルイヴィトン ヴェルニ 染め替え4

 

非常に手間と時間がかかる加工になります。
また、加工してみないと色の入り具合が分かりませんので仕上がりにも差が出る場合があります。
劣化が進んでいる物ですと加工に耐えられない物もあるかとは思います。

お預かりの際は、
加工してもダメなケースがあること
一度加工しますと元には戻せないこと
他の素材との複合の場合、色が写ってしまうこと
裏地などにも色がついてしまうこと
ムラ感が出ていしまうこと
可能に耐えられず素材がダメになってしまうケースもあること
部分的に解体が必要になること
など色々な状態が考えられます。

ですので、「このままでは使えないので、ダメになってしまっても治る可能性があるなら…」程度で考えてください。
ダメ元でもやってみてという方に限り加工させていただいております。

色々と説明が長くなりましたが、ご理解いただければ幸いです。